ドラマ

【伝説のお母さん】ドラマ2話ネタバレあらすじ!感動の名シーンはここ!

伝説のお母さん2話

前田敦子が主役を演じるNHKドラマ【伝説のお母さん】

2020年2月8日(11:30〜11:59)に第2話「こづれでいこうぜ」が放送されました。

『伝説のお母さん』ドラマの第2話のあらすじやネタバレについてまとめています。

SNSでの反応や感想についてもまとめました。

伝説のお母さんの見逃しは、U-NEXTで翌日10時から見ることができます。

\伝説のお母さんの見逃しを見る/

U-NEXT

【伝説のお母さん】ドラマ2話のあらすじ

伝説のお母さん2話の主な登場人物のおさらいです。

伝説の魔法使い メイ 保育園に入れなかった魔法使い
まだ伝説じゃない僧侶 クウカイ 生意気な新人
伝説の戦士 ポコ 穏やかな戦士
伝説のシーフ ベラ バツイチ
伝説の勇者 マサムネ 子持ち
自称イクメン

メイ(前田敦子)は、魔王討伐に招集されたものの子供の預け先が見つからず、子連れで冒険に出てしまう。

仲間のシーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)は戦場に赤ちゃんを連れてきたメイを叱りつつ、「育児に当事者意識を持つべき」とメイの夫・モブ(玉置玲央)の頼りなさに憤る。

平謝りするメイに、「この状況で魔王に勝利したらかっこよくないすか?」と僧侶・クウカイ(前原瑞樹)が加勢、リーダーのマサムネ(大東駿介)も冒険を継続すると決め、「お前は“伝説のお母さん”になれ。」とメイに告げる。

一方、魔王(大地真央)は人間たちの抱える問題を研究、次なる攻撃を考えていた。

引用:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/html_densetsu_story.html

【伝説のお母さん】ドラマ1話ネタバレあらすじ!感想や考察も。

伝説のお母さん
【伝説のお母さん】ドラマ1話ネタバレあらすじ!感想や考察も。前田敦子が主役を演じるNHKドラマ【伝説のお母さん】 2020年2月1日(11:30〜11:59)に第1話が放送されました。 ...
ぴっく
ぴっく
1話の内容を振り返りましょう!

ここからネタバレを含みます。見たくない方はご注意ください。




【伝説のお母さん】ドラマ2話ネタバレ!感動の名シーン

保育園に預けることができず、旦那も頼りにならないので、あかちゃん連れで魔王との戦いにいくことになったメイ。

あかちゃんは大きな乳母車に乗せて、5人の勇者の戦いは始まった。

赤ちゃん連れで魔物との戦いはどうなる?

魔王の場所までたどり着くのに、いろいろな魔物を倒していかなければならない。

早速魔物に出くわすも、赤ちゃんが泣き出す。

伝説のお母さんでは、各話ごとに豪華ゲスト出演が予想されています。

たたかう
さくせん
そうび
▶︎にげる

あかちゃんをあやすために、逃げる勇者たち。

どうして子供連れてきちゃったの?

「どうして子供連れてきちゃったの?」

せめられるメイはみんなに謝る。

クウカイ「いくつなの?」

メイ「8ヶ月です。」

クウカイ「8ヶ月って喋れるんでしたっけ?9ヶ月で英語がしゃべれるんですよね。マサムネさんは2ヶ月目からシモの毛がはえたんですよね?」

好き放題しゃべりまくるクウカイは、まさに主婦の敵だ。

5人の勇者たちが集まって作戦会議中に、マサムネ一人だけがパソコンを触っている。

マサムネのパソコンとスマホの待ち受けの写真は我が子とのツーショット!

自分はイクメンだ!とアピールする。

(イクメンに)いいなぁ。と憧れるメイ。

メイはクズ旦那をかばう

メイは勇者たちに謝る。

メイ「(子連れで)本当にすみません!でも、今あの人(旦那モブ)会社をクビになってすっごく落ち込んでて。」

メイはモブのことを本気で心配していた。

一方モブは、こたつの中に入ってスマホで漫画を読んで自宅で楽しそうにしていた。

メイ「モブはモブなりにいまは頑張らないといけない時期なんです。頑張ってると思うんです!」

モブはゲームに夢中だ。

メイ「だから・・・そんなクズとか言わないでください。」

ベラ「子連れで魔王討伐に行かせるとか、クズ以外の何物でもない!」

ーモブから電話がかかってくるー

メイ「モブくんもたまにはゆっくりしてね。」

メイはモブに魔王討伐ではなく、一泊2日の温泉にいくと伝えていた。

伝説のお母さんになるんだ!

子連れでの戦いをどうするかの話し合いで、勇者たちは意見を交わし合う。

クウカイ「会社でも子連れ出勤とかあるし、今どきっぽくてよくないですか?」

マサムネ「クウカイの言う通りだ!もうここまできたら引き返せない。メイ、お前は伝説のお母さんになるんだ!」

マサムネがメイのことを伝説のお母さんと名付けた。

メイは明るい表情で返事をした。

ーこうして魔王討伐は続いたー

最高のパーティーで戦いが始まった

最高のパーティ5人の勇者たちの戦いが始まった。

が、すぐにマサムネが、魔物に倒されてしまった。

勇者5人 vs 魔物(マットハンド)5体

マサムネ→ポコ→ベラ→クウカイ→メイ

順番に1体ずつ倒していくが、メイのこうげきの順番になった瞬間、あかちゃんが泣き始める。

あやす
おもちゃ
授乳
ねかせる

メイたちはあそんでいる。

マットハンドのこうげき。

クウカイとメイのこうげきのたびに、アタフタし、なぜかマサムネだけが集中こうげきを受ける。

気づいたらマサムネは倒されてしまっていた。

マサムネは無事に復活するが、倒れている間に仕事が溜まっていることに気づき、パソコンに夢中になる。

なんで子連れで来てるんですか?

子連れで戦って、伝説をつくろう!

そう張り切っていたクウカイが、メイに八つ当たりを始める。

クウカイ「なに子連れで来てるんですか?無理でしょ。危ないでしょう?」

メイ「ごめんなさい・・・」

クウカイ「ごめんなさいじゃないでしょ。」

ベラ「アンタ(クウカイ)が子連れで行こうって言ったんでしょ?」

クウカイ「はい。言いましたよ。新人が暴走してるんですよ?止めてくださいよ。後輩の言動を正すのも先輩の仕事でしょう?マジありえねぇ。」

ベラとクウカイがつかみ合いの喧嘩になる。

よしおお兄さんとりさお姉さんの登場

ここでNHKでおなじみの「お母さんといっしょ」のよしおお兄さん、りさお姉さんが、ポップな出演をします。

NHK番組を見ているかのような雰囲気のなか、
少子化の原因について子供たちに論するように解説を始めた。

少子化になる空気とは?
  1. 子供の世話は女がやるものという空気
  2. 男は強くあり働いて金や地位を持つべきという空気
  3. 子連れの親は周りに迷惑をかけないようにという空気

この原因を作ったのは「人間」なんだ!

とっても勉強になったね!さようなら〜〜〜〜!!!

魔王討伐を辞退したいと言うメイ

魔王の討伐を楽しみにしていたメイだったが、周りに迷惑がかかっていることに責任を感じ、やめたいとマサムネに相談する。

マサムネはメイを精一杯フォローするが、
メイはマサムネが倒されたことに責任を感じていることを伝えた。

マサムネ「あぁ・・・。」

マサムネは、そういえばそうだなという反応をする。その表情を見逃さなかったメイはマサムネに追求する。

メイ「やっぱりそうですよね?ごめんなさい!わたしやめます!」

赤ちゃんが鳴き始めると、マサムネがさっと抱きかかえてあやし始めた。

感動の名シーン:マサムネがメイに言った言葉は?

メイ「マサムネさんは偉いです。仕事もして、子育てもして。しんどくないんですか?」

マサムネ「しんどいよ」

メイ「投げ出したくならないんですか?」

マサムネ「投げ出したくなるよ。」

もっと頼れよ。しんどい時は、しんどーい!って言ってさ。もし子供が大変だった、みんなで分担して面倒をみるとか、なんでも考えよう?

メイ「そんなの申し訳ない」

マサムネ「いいって。仲間だろう?」

俺が明日みんなに説得するから、それから魔王を倒しに行こう。それがリーダーの務めだから。信用してくれよ。

メイの娘を抱っこしてあやしながら、メイに伝える。

マサムネ「男も女も後ろ指刺されずに働けるそういう世の中を、俺たちで作っていこう。」

メイ「はい」

魔界・魔王保育園の存在

魔界の保母さん役として柴田江己さんと柴田吏佳さんが出演されていました。

メイとマサムネが話し合った翌日、テレビで魔王保育園が特集されていた。

魔界の保育園は、24時間体制で待機児童ゼロ。人間界からも、入園の申し込みが殺到している。

アナウンサー「育児に熱心なパパに、お話を伺いたいと思います。」

こういう保育環境を用意してくれる魔界、サンキューっすね。魔王保育園の評判は前から聞いていたんですけどね。

魔界保育園でインタビューを受けていたのは、リーダーのマサムネだった。

マサムネが倒されて復活するまでの間、子供の保育園の送迎ができず、それにブチギレた奥さんがマサムネに怒鳴り込みに来た。

手段を選ばず、マサムネは魔界の保育園に・・・。

魔界保育園の取材に、マサムネがモザイクありでうつっているが、そのモザイクが一瞬外れるといったテレビ創作者側のミスが。

国王にバレたら大変なことになる。これからどうなる・・・?

といったところで続きになりました。




【伝説のお母さん】2話の感想と今後の予想

トンチンカンな政策をしてるおっさんたちに見てほしい内容

ぴっく
ぴっく
だれよりもわかりやすく表現されてるから、その通りだと思う!

伝説のお母さん、勇者ヨシヒコとコラボしないかな 

ぴっく
ぴっく
それな!わたしも同じことを思った!




【伝説のお母さん】2話の個人的な感想と考察

伝説のお母さん2話を見た、個人的な感想です。

まるですりかえ仮面のよしおお兄さんとりさお姉さん

よしおお兄さんと、りさお姉さんは、
そのままそっくりすり替え仮面の、よしおお兄さんと、りさお姉さんでした。

卒業してしまったお兄さんとお姉さんの出演を、こういう形で見れるのはひとりのママとしてとても嬉しかったです。

また、少子化のテーマも子供でもわかるようなイラストありの解説がわかりやすくて納得でした。

ぴっく
ぴっく
芸能人のコメンテーターありきの番組よりも、こっちのほうがよっぽどわかりやすくて刺さる!

よしおお兄さんとりさお姉さんは、次回予告にも写っていたのでまだまだ出演が期待できそうです。

感動の名シーンでは涙

マサムネがメイに伝えたセリフは本当に感動しました。

子育てを周りに頼れず、必死なママはみんな涙したのではないでしょうか?

子育てで、周りに迷惑をかけてしまうから仕事をやめようかと悩んでいる時に、子供をあやしながら、あのセリフを言われると涙を流せずにはいられません。

マサムネの感動の名台詞のあとの、魔界へ寝返るシーンには爆笑でしたけど。笑

感動あり、笑いありで飽きずに楽しく見れることができる伝説のお母さん。

引き続き豪華ゲストがぞくぞくと登場が予想されるので、これからも楽しみです。

【伝説のお母さん】ドラマ3話ネタバレあらすじ!ゲスト出演者は誰?

伝説のお母さん 前田敦子
【伝説のお母さん】ドラマ3話ネタバレあらすじ!ゲスト出演者は誰?前田敦子が主役を演じるNHKドラマ【伝説のお母さん】 2020年2月15日(11:30〜11:59)に第3話が放送されました。 ...




【伝説のお母さん】2話の見逃しはどこで見れる?

伝説のお母さんの見逃し配信はU-NEXTで見ることができます。

放送翌朝10時から配信されます。

\伝説のお母さんの見逃しを見る/

U-NEXT