ドラマ

【伝説のお母さん】ドラマ6話ネタバレあらすじ!有名ゲストは誰?

伝説のお母さん6話

前田敦子が主役を演じるNHKドラマ【伝説のお母さん】

2020年3月7日(11:30〜11:59)に第6話が放送されました。

6話の登場人物や、SNSの評判をまとめています。

【伝説のお母さん】ドラマ6話の登場人物とあらすじ

伝説のお母さん6話の主な登場人物のおさらいです。

メインキャスト(5人の勇者)

メイ
メイ
主人公メイ(前田敦子)
レベル93の史上最強の魔法使い。ダメ夫と結婚し、0歳8か月の子育てをほぼワンオペでこなしているママ
マサムネ
マサムネ
マサムネ(大東駿介)
レベル91の伝説の勇者。伝説のパーティーのリーダーでパパ(イクメン)
ベラ
ベラ
ベラ(MEGUMI)
レベル87の伝説のシーフ(盗賊)8歳の息子ベルを育てるシングルマザー。裏ボス的存在で気が強いが優しい。
ポコ
ポコ
ポコ(片山友希)
レベル82の伝説の戦士。10年前の魔王討伐で最年少でパーティ入りした努力家。(独身)
クウカイ
クウカイ
クウカイ(前原瑞樹)
レベル59の僧侶。新メンバーだけど誰よりも偉そう。金持ち育ちの坊ちゃん。(独身)

その他キャスト

モブ
モブ
モブ(玉置玲央)
メイの夫。家事育児は女の仕事だといい、ゲームばかりしている典型的なダメ夫
カトウ
カトウ
カトウ(井之脇海)
国王に仕える士官。勇者たちのお世話係。10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらい、メイを尊敬している。
国王
国王
国王(大倉孝二)
メイたちの国を統治する王さま。パワハラで自分のことしか考えていない。
魔王
魔王
魔王(大地真央)
魔界を支配する魔王。今の日本に必要な価値観を持っている王。

【伝説のお母さん】ドラマ6話のあらすじ

「冒険に出たい」と自らの意志で立ち上がったメイ(前田敦子)。内緒で出場した、魔王討伐の新メンバーを選ぶトーナメント会場で夫のモブ(玉置玲央)と鉢合わせる。言い争う二人を笑って傍観する国王(大倉孝二)に、カトウ(井之脇海)が思わず「陛下のせいです」と言ってしまったことから、モブが仕事をクビになった裏事情が明らかになる。ショックを受けたモブは会場から飛び出し、魔王(大地真央)に寝返ったマサムネ(大東駿介)に愚痴を言う。モブの家出に落ち込むメイは、この際モブと離婚すべきだと仲間のベラ(MEGUMI)やポコ(片山友希)に忠告されてしまう。家に帰りたくないモブはマサムネの元に身を寄せるが、そこは魔界で、魔王の手が迫っていた。

引用:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/html_densetsu_story.html

【伝説のお母さん】ドラマ5話ネタバレあらすじ!どこよりも詳しく感想や考察も。

ぴっく
ぴっく
5話の内容を振り返りましょう!




【伝説のお母さん】ドラマ6話ネタバレ!

伝説のパーティーをトーナメント戦で決定する大会に、お互いに秘密で参加することになっていたメイとモブ。

トーナメント戦では、夫婦の対決となってしまった・・・。

メイとモブの夫婦バトル

メイとモブはお互いに大会に参加することを知らなかったので、ここから夫婦のバトルが始まった。

モブ「メイ、棄権しろよ。これからは家で俺のことをサポートするって言ったよね?」

メイ「私は棄権しない。冒険に行きたい。戦いたい。」

モブ「母親のくせに何が冒険だよ!無責任だろ。」

メイ「私だって戦える。(モブくんは)働いてもないのに、家事も育児もなんで分担できないの?仕事くらいさっさと見つけてよ!ゲームばっかりして!」

モブ「夫をたてない。恩着せがましい。」

夫婦の戦いは、口喧嘩で行われた。

ここでカトウが、モブが仕事をクビになったのは、国王の仕業だったことを話してしまう。

ここで試合は中断されてしまった。

責任を感じたカトウがとった行動は?

大会後、モブは家出をしてしまった。

カトウは責任を感じて、メイに謝り「僕が旦那さんの代わりに、旦那さんがやっていたことをやります!」とメイの家に行く。

もともとモブは家で何もしていなかったので、モブの代わりに家事をしてもらうことは何ひとつなかった。

カトウ「ご主人がいる意味あるんですか?」

カトウはモブに呆れてとうとうメイに言ってしまう。

カトウ「離婚してしまえばいいじゃないですか。自分の妻に対してあんなことが言えてしまう夫。」

モブはマサムネの家に家出していた

モブは学士時代に同期だったマサムネと再会し、メイとのことを愚痴っていた。

早く家に帰れよ。と言うのの、マサムネのマイホームまで乗り込むことに。

モブはマサムネが魔界にマイホームを建てていたことを知らずに、魔界に来てしまった。

夫婦で家事育児を分担しているマサムネを見て、モブは納得がいかない様子だった。

マサムネ「家事と育児は2人の仕事だからね。メイと仲直りしろよ。」

そう言うが、しつこく居座るモブ。

その頃メイは、ベラとポコと一緒に話していた。

ベラは、メイとモブのバトル(口喧嘩)を見て、思ったことを伝えていた。

「メイはトラブルを避けるために、自分が我慢するから言いたいこと言えるなんて安心したよ。メイがクソ旦那に『さっさと仕事しろよ』って言っていたのは、メイ自身の考えが、男は外で働くものっていう価値観に縛られていたのかもしれないね。」

モブが魔界の真の勇者になる

モブはマサムネの家が魔界だということを知らない。

マサムネの家に1人で留守番していたら、急に魔物が家に入ってきた。緊急事態発生で、モブは戦うことに。

なぜか一撃で魔物を倒したことで、勇者と呼ばれ魔王の元に呼ばれることになった。

魔王のもとで、真の勇者として表彰され、「人に頼りにされることなんてないと思っていました。この国に来て頼りにされることが嬉しいことに気づきました。自分の力が開花した。自分の力を使いたい。」とモブは言った。

その後、魔界に来たメルルと偶然出会い、戦うことになる。

モブは意識を失い目がさめると、マサムネの家にいた。

マサムネの妻からモブへのメッセージ

モブはメルルからの攻撃で、ピンチだったところにマサムネが助けに来てくれて無事だった。

モブはマサムネの妻に話し始めた。

モブ「立派な旦那さんで、奥さん幸せですね。仕事はできるし、家事育児もちゃんとするし、言うことないですよ。俺なんて一緒にいるだけでメイの迷惑になるだけです。」

マサムネの妻「モブさん怒りますよ。私はこの人が仕事ができるから、家事育児するから一緒にいると思うんですか?パパの笑顔がかわいいと思うから(一緒に)いるに決まってるじゃないですか。」

お互いに迷惑をかけあって暮らしているだけです。

マサムネの妻のこの言葉が、モブを刺激した。

モブは自宅に帰宅する

モブは反省して自宅に戻った。その頃メイは、離婚届を眺めていた。

モブはメイに謝る。

モブ「出ていってごめん。俺、ちゃんと話したい。」

メイ「私も。」

ここで次回予告となりました。

【伝説のお母さん】ドラマ7話ネタバレあらすじ!どこよりも詳しく感想や考察も。

伝説のお母さん7話
【伝説のお母さん】ドラマ7話ネタバレあらすじ!SNSの感想や評判まとめ前田敦子が主役を演じるNHKドラマ【伝説のお母さん】 2020年3月14日(11:30〜11:59)に第7話が放送されました。 ...




【伝説のお母さん】6話の個人的な感想まとめ

今までは、モブがクソ旦那だということは明らかだったけど、それはモブだけが原因じゃなかった。少なからず妻側のメイにも原因はあった。

モラハラはする側が悪だ!というイメージが強いけど、自分が我慢すれば済む。ということの積み重ねが、夫をモラハラ化させることもあるのかなと感じました。

相手を変えることも大事だが、自分の考えや価値観を見直すことも大事なんだと気付かされる会でした。

典型的なクズでモラハラ夫のモブは、今後更生されるのか、楽しみです。




【伝説のお母さん】6話SNSの感想まとめ

6話放送後に追記しますね。

国王がモブから仕事を奪ったことに対して責任を感じたカトウはメイの家に行くが…

【伝説のお母さん】ドラマ7話ネタバレあらすじ!

伝説のお母さん7話
【伝説のお母さん】ドラマ7話ネタバレあらすじ!SNSの感想や評判まとめ前田敦子が主役を演じるNHKドラマ【伝説のお母さん】 2020年3月14日(11:30〜11:59)に第7話が放送されました。 ...




【伝説のお母さん】6話の見逃しはU-NEXTで見れる!

伝説のお母さんの見逃し配信はU-NEXTで見ることができます。

放送翌朝10時から配信されます。

\伝説のお母さんの見逃しを見る/

U-NEXT