バラエティ

イギリスでホームレスから有名アーティストになった男性と愛犬との絆の感動物語

2020年1月31日の坂上どうぶつ王国で、1人の男性と1匹の犬の絆の物語が紹介されました。

それは、イギリスでホームレスから有名アーティストになった男性ジョン・ドーラン(ジョン・ドラン)と、1匹の犬の感動の実話。

彼はなぜホームレスになったのか?

有名アーティストというのは?

愛犬との絆とは?

イギリスでホームレスから有名アーティストになった男性、ジョン・ドーラン(ジョン・ドラン)と、1匹の犬の感動の実話をご紹介します。

イギリスでホームレスから有名アーティストになった男性と愛犬との絆の感動物語

ジョン・ドーランとジョージhttp://www.blablablarchitecture.com/2014/07/より引用

舞台はイギリス・ロンドン。

1人の男性、ジョン・ドーラン(ジョン・ドラン)は幼い頃、親に捨てられ、引き取られた祖父母にも虐待を受けて育つ。

そんな環境だったからか、若い頃から多くのトラブルを起こしていた。

警察沙汰は日常茶飯事。

ドラッグにも手を出し、まともな仕事に就くことも出来なかった。

刑務所に入り12年後に刑期を終え出所したが、仕事もなく、そのままホームレスに。

しかしジョン・ドーランは、ホームレスの仲間にも馴染むことができなかった。




ジョージとの出会い

ある時ジョン・ドーランは、ロンドンにあるシェルターと呼ばれる、ホームレスのための簡易住居に入ることができた。

そこで過ごしていたある日のこと。

ホームレスのカップルが、拾ってきた犬、ジョージを連れてきた。

ペット禁止の公営住宅に移ることになり、飼っていたジョージをジョン・ドーランに面倒を見てほしいと頼んできたのだ。

ジョージは3歳のスタッフォードシャー・ブル・テリア。

左目に大きな茶褐色の斑点が特徴。

いじめられていたせいからか、人に怯えており、ジョン・ドーランの言うことも全く聞かなかった。

留守番をさせると部屋を荒らし、外に行くと威嚇して吠える状態。




ジョン・ドーランの変化

ジョージを引き取ったその当時ジョン・ドーランは、うつ状態でさらに薬物依存になっていた。

しかし、ジョージの面倒を見るようになってから、ジョン・ドーランは自分のことよりもジョージのことを大事にするようになった。

ある日ジョージを売って欲しいという人が現れた。

これで厄介者とおさらばできる”そう思い、一度はジョージを売ろうとしたジョンだったが、「厄介者!!』と言われ、大人の勝手で振り回された幼い自分とジョージが重なり、自分も同じことをしていると気づいた。

それからジョン・ドーランは、ジョージにふさわしい飼い主になろうと努力した。

心を入れ替え、身だしなみを整えた。

そして長年依存していたドラッグをやめる決意をし、薬物中毒の更生プログラムを受け治療をはじめた。

ジョージのおかげか、うつ病の症状も軽くなり、薬物にも依存しなくなったそう。

ジョン・ドーランはさらに、生まれて初めて就職活動を開始した。

しかし学歴もなく前科もあるジョン・ドーランを雇ってくれるところには、出会うことができなかった。

以前のジョン・ドーランだったら盗みに走っていたが、今自分がもし捕まってしまったらジョージの世話は誰がみるのか。

そう思うと犯罪を犯すことはできなかった。




2人の姿が街中で話題に

そんなある日、ジョージがジョン・ドーランを引っ張り走り出した。

立ち止まったところは、路上で絵を売るストリート・アーティストの場所。

幼い頃、唯一教師から褒められたことは絵だったことを思い出したジョン・ドーランは、なけなしのお金で画材を買い、景色をスケッチすることに。

しかし、素人の絵が簡単に売れるはずもなく、3ヶ月が過ぎても1枚も売れることはなかった。

そのうち街角にいるジョン・ドーランとジョージの姿は街で有名に。

ある日、興味を持った写真家が2人の写真を撮ったのだが、愛嬌たっぷりのジョージが話題になり、写真を撮ろうとする人が増えたのだった。




ジョージの絵

ジョン・ドーランとジョージは街の一角で人々に金品を恵んでもらい生活をしていたのだが、ふとジョージのスケッチを描くことした。

これが2人の転機となる。

なんとジョージをモデルに描いた絵が売れたのだ。

そこからジョン・ドーランが描いたジョージの絵が話題になり、どんどん売れるように。

それは、ホームレスが描く可愛い犬の絵ということで、噂はどんどん広まった。




有名アーティストの道へ

2年ほど経った頃、アーティストのシティズ・ケーンが声をかけてきた。

彼はロンドンのストリートアートの世界では知らない者がいない有名アーティスト。

彼の誘いで展覧会に参加することとなったジョン・ドーラン。

展覧会は有名アーティストばかりだったが、一番売り上げたのはなんとジョン・ドーランだった。

出品された絵は完売し、300万円以上もの売り上げを記録。

新人として異例の記録をあげ、その後も個展を開催。

初めての個展も大成功し、有名アーティストの道へ進むこととなった。




ジョン・ドーランとジョージとの絆の物語

個展で売れた作品の中には、約36万円で売却されたスケッチもあったそうです。

アパートに住んでいる今も、ジョン・ドーランさんはジョージと一緒に路上で絵を描き続けています。

彼はジョージとの話を本にもしています。

ジョージがいなかったら今は刑務所の中だっただろう、と語るジョン・ドーランさん。

人生はどんなに辛くても、先行きがどんなに暗くても、必ず希望があると話していました。

参考:https://www.epochtimes.jp/p/2017/08/28118.html

他の実話に興味があるかたはこちらもどうぞ↓

13歳の体操美少女殺人事件の容疑者は死人!?DNA鑑定で衝撃の真実が発覚!

イタリア13歳の体操美少女殺人事件
13歳の体操美少女殺人事件の容疑者は死人!?DNA鑑定で衝撃の真実が発覚!2020年1月27日(月)の『1番だけが知っている』で金田一少年の事件簿の原作者、樹林伸さんが1番衝撃を受けたと言っていた実際に起きた事...

女性警官の隣人射殺事件!O・Jシンプソン事件の再来の意味とは?

女性警官射殺事件
女性警官の隣人射殺事件!O・Jシンプソン事件の再来の意味とは?2020年1月15日(水)の『ワールド極限ミステリー』3時間スペシャルで、女性警官の起こした射殺事件について放送されました。 ○全米騒...