映画

長澤まさみ主演の映画「MOTHER(マザー)」あらすじネタバレとキャスト

長澤まさみ MOTHER

長澤まさみが女優歴20年にして、初の汚れ役をすることが決定しました。

汚れ役を長澤まさみ本人が、自ら選んだそうです。

映画「MOTHER(マザー)」は、2020年初夏に公開です。

MOTHERといえば、2010年に公開された日テレでドラマの放送がありましたね。

芦田愛菜ちゃんが虐待されるドラマです。重いストーリーだけど人気ドラマでした。

ぴっく
ぴっく
ドラマ版MOTHERと映画のMOTHERは、全くの別作品です。

ドラマ版と映画版「MOTHER」の違いについても触れていきますね。

では、映画「MOTHER(マザー)」のあらすじネタバレ、出演するキャスト、ドラマ版マザーとの違いについてご紹介しますね。

\ドラマ「mother」を見直す/

U-NEXT

✔︎無料期間のみ利用可能
✔︎実質無料で視聴可能


映画「MOTHER(マザー)」あらすじ

ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活をおくる自堕落で奔放な女・秋子。しかし、彼女の幼い息子・周平には、そんな母親しか頼るものはなかった。やがて寄る辺ない社会の底辺で生き抜く、母と息子の間に“ある感情”が生まれる。そして、成長した周平が起こした“凄惨な事件”。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは——?

出典:https://www.cinematoday.jp/video/VIYNvNcS4GW6Pg

主演の長澤まさみが演じる母親の秋子は、社会の闇へ堕ちていく女。

阿部サダヲが演じる内縁の夫の遼は、ホストを演じています。

そして虐待を受けている息子は、祖父母を殺害してしまうというストーリーです。

息子はなぜ事件を起こしてしまったのか?

その真相について追求する映画です。

ぴっく
ぴっく
予告映像では、ベッドシーンもあったよ。

映画「MOTHER」の原作は、実際にあった事件を元に描かれています。

ぴっく
ぴっく
日本でおきた事件だよ。

埼玉・少年の祖父母刺殺事件=山寺香(さいたま支局)




映画「MOTHER(マザー)」ネタバレ予測

長澤まさみ MOTHER

出典:https://cinema.ne.jp/news/mother2020012204/

実際に起きたニュースをまとめると、

「居所不明児」だった当時17歳の少年が、現金などを奪い母方の祖父母を刺殺しする。少年は、実母や義父に虐待され続けて特殊な心理状況に追い込まれていた。

と記録されている。

このことから、虐待をテーマとしたドラマだということがわかる。

またこの事件を原作とした書籍が出版されている。

「誰も僕を見ていない」という書籍だ。

その書籍内容は、以下の通りです。

少年が実母と養父から身体的・性的虐待を受けてきたこと。小学5年生から学校にも通わせてもらえず、各地を転々とし、時に野宿生活を強いられていたことです。働こうとしない母親に代わり、少年は後に殺害してしまう祖父母を含む親戚に借金しまくり、生活費の工面をしてきました。年の離れた妹を親代わりに育てたのも少年だったと言います。

少年を知る多くの人を取材し、関連する裁判をすべて傍聴した山寺記者が、この事件の背景を1冊の本にまとめました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/jiburenge/20170701-00072772/

まとめると、実母と養父両方から、身体的・性的虐待を受けていた。

小学5年生のときから学校に通わせてもらえなかった。

ホームレス状態の危機に追い込まれるも、母親は働かない。

母親に代わり息子である少年は、親戚に借金をしまくり生活費の工面をしていた。

また年の離れた妹のお世話も、長男である少年が行なっていた。

暴力・育児放棄、両方の虐待を受けていたことがわかる。

虐待を受け続けた少年は母親を助けるために、祖父母を殺すモンスターになってしまう。

そんなストーリーが想像できます。




映画「MOTHER(マザー)」キャスト

映画「MOTHER(マザー)」のキャストのご紹介です。

監督・脚本は大森立嗣

秋子:母親役(長澤まさみ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

長澤まさみ(@masami_nagasawa)がシェアした投稿

遼:内縁の夫役(阿部サダヲ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿部サダヲ SADAWO ABE(@sadawoabe_fan)がシェアした投稿

内縁の夫でホスト

周平:息子役(郡司翔)

 




映画「MOTHER(マザー)」の原作はドラマ?

「新聞記者」「宮本から君へ」の映画製作・配給会社スターサンズが、実際に起きた少年による祖父母殺害事件に着想を得て映画化。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-01210229-sph-ent

映画「MOTHER」の原作は、実際に起きた祖父母殺害事件を元に描かれたシナリオです。

「誰もボクを見ていない」という書籍が出版されている。

ぴっく
ぴっく
「MOTHER」が映画公開されると聞いて、原作は絶対にドラマのMOTHERかと思いました。

ドラマと映画の違いは、

ドラマのmotherは、虐待される女の子と、その女の子を手助けする学校の先生がメインとなったストーリー。

映画のMOTHERは、虐待する母親が主役のストーリーです。

ドラマと映画の共通点は3つ。

  • 子供よりも自分が大事な母親(長澤まさみ)
  • 一緒に暮らす内縁の夫
  • 抵抗できない子供
ぴっく
ぴっく
年齢や親の職業などが違いますが、雰囲気が似ているように感じます。

名前は一緒だけど、全くの「別作品」です。

10年前に公開されたドラマ「mother」をみてみる。

\ドラマ「mother」を見直す/

U-NEXT

✔︎無料期間のみ利用可能
✔︎実質無料で視聴可能


長澤まさみの汚れ役についてSNSでの反応は?

ぴっく
ぴっく
長澤まさみの演技に期待する人の声が集まっています。