ニュース

原泰久氏「キングダム」売れっ子漫画の年収は?映画化で印税いくら

原泰久の年収は?

売れっ子漫画として「キングダム」で仲間入りした原泰久氏が芸能界の若手ご意見番こじるりと交際報道が出ましたね!

ナチュラルに一般人に溶け込んでいる手を繋いでる2人。

大ヒット漫画「キングダム」の作者であり映画公開も控えている売れっ子漫画の年収は?

気になることを調べてまとめてみました。

原泰久氏「キングダム」売れっ子漫画の年収は?

漫画家は当たると夢のある職業ですが実際漫画家として生計が立てられるのは極めて1部の人間だけだと言われています。

原泰久氏は首切りの激しい週刊ヤングジャンプで10年も連載を継続させている超人気作品「キングダム」の作者。

推定の累計収入は13億円を超えると言われています。

漫画としてヒットするだけでも凄いですがアニメ化、映画化とのりにのってる「キングダム」だけでも収入はかなりのものだと思われます。

「キングダム」は現在58巻まで発売されている長編漫画で累計発行部数は6600万部。

昨年には人気イケメン俳優で総固めした実写映画化で興行収入57.3億円の大ヒットを記録しました。

2019年の邦画実写作品で1位となり続編の制作も決まった今もっとも売れっ子の漫画家です。

たまげますね。




原泰久氏「キングダム」こじるりと交際報道!出会いはのきっかけは?

こじるりこと小島瑠璃子さんとの出会いのきっかけはもともと小島瑠璃子さんが漫画「キングダム」の大ファンであることからはじまっていると思われます。

2015年5月に放送された「アメトーーク!」ではキングダムが好きな芸能人が集まり漫画に対する熱い情熱を語る企画がありましたが小島瑠璃子さんは作中の美少女キャラクターになりきってコスプレで登場。

Twitterで原作者である原泰久氏が反応し、こじるりもそれに変身するなどやり取りが行われたりしていました。

2019年1月放送の「世界ふしぎ発見!」ではこじるりがミステリーハンターとしてキングダムの舞台である中国と訪れ古代中国史の歴史や秘密に迫る企画があり、そこで原泰久氏との対談が実現。

作品を通して二人の距離はいっきに縮まったものではないかなと思われますがアタックしたのは原泰久氏からだったと言われています。




原泰久氏「キングダム」売れっ子漫画の年収は?SNSの反応

人気若手アイドルと漫画の原作者の恋愛についてTwitterの反応は意外とクール。

19歳差の恋愛に「まじか」という冷静な意見も。

3人目出産からの離婚、19歳も年下の若い芸能人との恋愛沙汰にあまり好意的に見れない意見も。

グイグイいくのがテレビでも見受けられる小島瑠璃子さんにちょっとたじたじな意見もありました。

ちょっとわかるような、何言ってるのかわからないような。

3人のお子さんを元嫁さんとの間に設けているので過去の出演番組には指輪をしているものもあるでしょう。




【まとめ】原泰久氏「キングダム」売れっ子漫画の年収は?映画化で印税いくら

売れっ子漫画になるとアニメ化や映画化はもちろん、作品のファンが増えればテレビで特番が組まれるなど芸能人と出会う機会も増えると思います。

今回は年齢差が19歳ということで「どうなのかな」という意見も多かったように思われますが原泰久氏さんも離婚し今現在はフリーということなのでそっと見守りたいですね。