映画

「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」あらすじ・ネタバレ・感想

ナイブズアウトネタバレ

「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」あらすじ・ネタバレ・感想は?

「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」が2020年1月31日から公開になりました!

「スターウォーズ最後のジェダイ」で一躍有名になったライアン・ジョンソン監督の完全オリジナル脚本。

ミステリー界の女王アガサ・クリスティーに捧げる、と言っていることから、正統派ミステリーなんだろうなと想像されます。

2019年9月にトロント国際映画祭で初公開され、満足度99%ということから、日本公開への期待が高まる!

ぴっく
ぴっく
ダニエル・クレイグの探偵姿、予告編見るだけでもたまらないですね!

「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました!

「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」キャスト・あらすじ

「ナイブズ・アウト」のキャストは、主演のダニエル・クレイグ以外もめちゃくちゃ豪華!

メインキャストと配役をご紹介しますね。

ブノワ・ブラン役(ダニエル・クレイグ)

探偵。クリストファープラマ―演じるハーランを自殺と片付けようとしていた警察に、疑いをもっている。

少し空気が読めない天然の気があり。

ランサム・ドライズデール役(クリス・エヴァンス)

長女リンダとリチャードの息子。

家族のなかで一番浮いている存在。

ハーランの誕生日パーティーに出席しているが、途中退席する。

ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)

世界的ミステリー作家。

出版社をもつほか、莫大な資産をもつ大富豪。

85歳の誕生日パーティーの翌朝、死体で発見される。

マルタ・カブレラ役(アナ・デ・アルマス)

看護師。ハーランの世話をしている。

移民してきた家族の大黒柱の為、看護の仕事がなくなることを恐れている。

リンダ・ドライズデール役(ジェイミー・リー・カーティス)

ハーランの長女。

不動産経営者。

ハーランの不動産の運用を担当している。

ジョニ・スロンビー役(トニ・コレット)

ハーランの長男ニールの妻。

ニールはすでに他界しており、未亡人である。

化粧品会社の社長だが、経営がうまくいっていない。

リチャード・ドライズデール役(ドン・ジョンソン)

リンダの夫。

ハーランとあまり仲はうまくいっておらず、いつもご機嫌をうかがっていた。

エリオット警部補役(キース・スタンフィールド)

ハーランの死を捜査する警察。

ブノワの登場により自殺説ではなくなるが、反発し合うのではなく意外と協力的な面をみせる。

ぴっく
ぴっく
オスカー俳優と重厚な演技合戦になりそう!

「ナイブズ・アウト」のあらすじは・・・

予告編は、ニューヨークの大豪邸で起きた殺人事件の捜査シーン。

クリストファー・プラマー演じるミステリー作家ハーラン・スロンビーがが85歳の誕生日パーティの翌朝、遺体で発見。

ダニエル・クレイグ演じる名探偵ブランに、家族たちがせまるシーン。

「家族のことを疑ってるんだろ?」
「ツイッターで読んだわ。有名人ね!」
「父は自殺よ。なぜ捜査を?」

「家族は焦ると突きつけ合うんだ。“ナイフ”をね」と決めセリフ?をはいて捜査を開始するダニエル・クレイグがかっこよすごぎる~!

ぴっく
ぴっく
予告編みて、めちゃくちゃテンションあがった!

キャプテンアメリカでかっこいいイメージであった、クリスエヴァンスはイメージをくつがえす全く違うおバカな感じ。

新境地なクリスの姿にもわくわくします。




「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」感想

「ナイブズ・アウト」は、トロント国際映画祭で公開された後の評価が、ものすごく高い!

  • 楽しみすぎて、脳みそが痛い
  • アガサクリスティーの現代版、超最高!

という感想があがっています。

日本でもヒットが予想されますね!

さっそく公開初日、Twitterでも感想がたくさんツイートされていました。

まず、ダニエル・クレイグの好演を評価している人が大多数。

007のイメージをくつがえす、天然っぷりが可愛らしくもあります。

舞台である古い洋館のセットについても、素敵だったという声がたくさんありました。

王道ミステリーでありながら、謎がとけたときの脚本のうまさも評価している人が多いですね。

脚本賞にノミネートされるのも納得のお話しです。

 




「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」ネタバレ


「ナイブズ・アウト名探偵と刃の館の秘密」映画の内容的に、結局、誰が殺したのか?というのが一番重要なネタバレ。

以下、ネタバレになります。(まだ見てない人はご注意ください)

ネタバレをしてしまうと、ハーランが死んだのは結果的には自殺。

看護師であるマルタがハーランスロンビーに薬の種類を間違えて、モルヒネを投与してしまったことが、物語の中盤で明らかになります。

このままでは死んでしまうと思ってマルタが慌てていたときに、ハーランがマルタのために、アリバイ作りを提案します。

ミステリー定番の犯人は誰なのか、という種明かしは終盤ではなく、物語の中盤でわかってしまうことから、「ナイブズアウト
」はトリックや犯人を当てるという事に重きをおいていません。

単なるミステリーではなく、アメリカの白人社会をテーマにした重厚なストーリーになっていることから、アメリカではとても評価されたのではないでしょうか。

一度見終わったあと、もう一度見直すといろいろ発見がありそうな作品になっています。

DVD発売が楽しみですね。